未来仮説と長期性投資

「現在を前提にしていても、企業は決して成功しない」。これが、Nyleがこれまでに得てきた教訓です。
特定の領域における将来像を仮説として持ち、これに対して確信犯的に投資を行うからこそ、来るべき未来が訪れた時に成功を手にすることが可能となると私たちは考えています。
だからNyleでは、事業を展開する領域における「未来仮説」を経営陣で定期的に議論し、その仮説をもとに、トレンドにぶらされることなく、長期的に投資を続けるということを大切にしています。

国内No.1のデジタルマーケティング事業を実現しつつ、
Applivを総合ライフスタイルメディアプラットフォームへ。

Nyleのデジタルマーケティング事業は、堅調な伸長を続け、国内有数の事業体にまで成長してきました。
今後は、人材面・品質面で事業をさらに磨き上げると共に業務の自動化、AI活用を通じて、さらなる付加価値あるサービスで国内No.1のノウハウと技術を持つ事業作りを行い、顧客企業が提供するサービスの価値が正しく世の中に伝わるお手伝いを続けていきます。

一方で、Applivを中心とするスマートフォンメディア事業においては、事業のコンセプトを拡張。Applivをスマホアプリのみならず総合的なライフスタイル情報を扱うプラットフォームサービスを進化させていくことを目論んでいます。

第三の柱として、新たな挑戦を開始。

2018年1月には、Nyle第三の柱を目指す新規事業「マイカー賃貸カルモ」を開始。今後十数年で大きな変化がもたらされる自動車領域において、未来の当たり前になる事業の創出に取り組んでいきます。