ナイルってじつはあたたかい組織。これからは一人ひとりの当事者意識が成長の鍵

SHURI.M
社長室/採用人事

興味を持ったきっかけは代表の眼力

私はベンチャー志向が強く、前職は50人規模のジュエリー関連の企業で約2年間、リアル店舗の立上げや運営、マネジメント、業者との折衝業務などを任されていました。
当時登録していた転職エージェントの紹介でナイルを初めて知ったのですが、紹介資料に掲載されていた代表の眼力に圧倒されたのが興味を持ったきっかけでした。「この人といっしょに仕事をしたら、何かおもしろいものに出会えるんじゃないか」と期待が膨らみ、その場で応募をしたのを覚えています。
当時、私は関西圏での転職を考えており、都内勤務で応募した企業はナイルだけだったと思います。今は代表直属で仕事をさせてもらっていて、毎日が非常に充実しています。

フラットな組織を体現している会社

採用というポジションは、経営陣とのミーティングが多いのですが、役職・年齢・社歴などは関係なく、ストレートに意見を言い合うことができます。もちろん、お互いに敬意を払っているからこそ成り立っているのだと思いますが、発言や行動がフェアに評価され、のびのびと働くことができていると思います。
一方で、社内制度の立上げなどに関わることもあるのですが、うまく社内に浸透させられていないと感じることもあります。会社規模はますます大きくなっていくので、制度やカルチャーの浸透を同じように加速させることが今後の課題のひとつです。

事業成長に必要となるメンバーを採用する

採用市場は、会社が求職者に選ばれる時代です。ここ数年、ナイルには本当に優秀なメンバーが多く入社していますが、数ある企業の中からナイルが選ばれ続けるためには、事業戦略・メンバー・環境など、価値あるものを発信し続けなければいけません。私はそのための組織づくりにも携わっていますが、それをもっとメンバーを巻き込みながら会社全体で推進していきたいと考えています。
組織は一人で作れるものではないですし、メンバー一人ひとりが当事者意識を持って行動することで、より良い環境に近づくと思います。もちろん、メンバーによって求める環境は違いますし、全員が理想的と感じる環境を創り上げることは難しいのですが、こういった気概を持ったメンバーを採用し、事業成長につなげていきたいですね。

社員と経営陣それぞれが改善を目指す

ナイルには、真面目で素直なメンバーが多くいます。クライアントに対して本当に価値のあるものを提供しようと日々議論していますし、目標達成意識も強いです。また、業務上、アウトプットをすることが多いのですが、その分ストレートなフィードバックも多い。メンバーはそれを素直に受け止め、改善していく向上心も持っていると思います。
経営陣に関しては、本当にメンバー一人ひとりのことを大切に考えていますね。採用ミーティングの半分以上の時間が、メンバーのモチベーション向上や働きやすい環境づくりなどについて使われていることも少なくありません。制度の提案も経営陣から積極的にあり、ここ数年でナイルでの環境改善に関する取り組みも、数多く実施されています。ナイルは「クールな集団」という印象を持たれることも多いのですが、その点は入社後にギャップを感じられるポイントのひとつだと思います。