入社半年でプロジェクト責任者に。固定観念にとらわれないアプローチでメンバーと事業をグロースしていきたい

HIROYOSHI.K
デジタルマーケティング事業部/コンサルタント

ナイルの良さはビジョンの浸透と一体感

新卒では人材系の会社で営業をしていましたが、子会社の立上げメンバーとして関わることができ、転職系サイトの立上げとWebマーケティングを担当。その後も事業会社で、転職系サイトや比較サイトなどを担当し、Webマーケティング等を経験してきました。また、前職ではCRM・オムニチャネルを中心としたコンサルタントとして従事しました。
ナイルに入社を決めた理由は、掲げたビジョンに向けて真面目に取り組んでいる印象があったからです。これまで転職活動をしてきた中で、ビジョンを現場に落とし込んで浸透させきれている企業はそうそうありませんでしたが、ナイルにはそれがあるように感じました。入社後も、その印象は変わっておらず、全社員がビジョンに向けて一体となって取り組んでいます。

率先することで周りの意識を変えていく

ナイルでは、「クライアントに対する価値をいかに高め、貢献するか」についてや「事業の課題解決に向けた話」が、日常の会話の中でよくされています。私は「真面目な雑談」が好きなのですが、ふとした会話が私にとって関心の高い内容であることは、とてもうれしく感じています。
問題点を挙げるとすれば、コンサルティングの宿命といえるかもしれませんが、難局を乗り越えるために、ときには夜遅くまで仕事をして、「体力」で乗り切ろうとするところでしょうか。これは、会社・事業部の課題として認識していると理解していますが、自分が率先して早く帰宅することで周りの意識を変えていきたいと思っています。

生産性向上に関するプロジェクトを牽引

私のナイルにおけるミッションは、コンサルタントとしてクライアントの利益に貢献していくこと。そして、もうひとつのミッションは、「クイック&グロースプロジェクト」です。
今後、デジタルマーケティング事業部が飛躍していくにあたり、生産性向上に向けた業務改善は必要不可欠です。そこで、私が入社後に取り組んできた業務改善が認められ、本プロジェクトの実行責任者に任命されました。コンサルティングの生産性を上げるには、個々のスキルを上げることはもちろん、作業にあたる部分は自動化・外注化をしていく必要があります。現在は、自動化により業務効率を上げるためのシステム開発に着手しています。

当事者意識の高いメンバーと成長していける

代表は、「新しきを生み出し、世に残す」という会社のビジョンを、ご自身の人生のビジョンと重ねており、その大きなビジョンを叶えるために、そこだけを見据えて邁進している印象があります。ですから、その行動にはまったくぶれがありません。長期の視点に立って旗を振っている姿は、社員としてとても力強く感じます。
また、「自分がやらなければいけない」と思っているメンバーが多く、そのために自身のスキルを高めている方が多いように思えます。コンサルティング部門は新卒の若いメンバーが多のですが、若くても会社を大きくしていこうとする当事者意識が高いのは、経験者の私としてもいい刺激となっています。