ナイルの強さは密なコミュニケーション。楽しみながら結果を出したい

SHINYA.T
新規事業推進室/カルモ/マーケティング責任者

多様なキャリアを武器に前例がないことにチャレンジ

広告系ベンチャーを経て、大手インターネット広告代理店に約10年間在籍。同社では、広告枠の開発やメディア担当、新規事業の立上げ、ゲームアプリのマーケティングなどに携わり、テレビCMや各種PR、広報を横断的に行いました。その後、ゲームアプリ開発会社で執行役員として、社内人事、広報、マーケティング、国内外のアライアンス周りの管掌をしてきました。会社員でありながら、独自でアプリ開発をしたり、フードファイターとしてテレビ出演の機会をいただいたりと、貴重な経験もしています。
ナイルに入社したのは2018年。まだまだ伸びしろがある会社で、これから楽しみながらいっしょに作っていけるフェーズであると感じています。また、自分自身を改めて試してみたいという思いがあり、あえて前例のないことにチャレンジしています。そのチャレンジが意味あるものになるよう、まずは結果を出していきます。

個人の成長が企業の成長につながる

ナイルは、企業成長とともに、規模が大きくなっていくことを考えると、「社内におけるビジョンの浸透」や「成果に対するコミットメントの強化」「事業を推進するスピード」などが必要となってきます。ただし、これらはステージが変わっても違う形で必要になってきますので、常に意識していかなければならないものだと思います。
また、ナイルはコミュニケーションが活発で、それが企業としての強さにつながっていると感じています。プロフェッショナルとしての自覚を持ち、量と質が伴ったアウトプットを増やしていくことで、ナイルはさらに強くなっていけると思います。

「新しきを生み出し、世に残す」が自分のミッション

ナイルのミッションである「新しきを生み出し、世に残す」。その実現のために、新規事業である「マイカー賃貸カルモ」をスケールさせる。その後、カルモを布石とし、生活に密接に関連するプロダクトを立ち上げていくのが、ナイルのミッションでもあり自分のミッションです。
また、ナイルの成長につながりさえすれば、既存事業や新規事業、バックオフィス、マーケティング、営業など、どのような仕事に携わってもいいと思っています。最終的には、より責任と裁量が同期する形で仕事をし、世の中に貢献していければと考えています。

新しいメンバーと新しいことができる環境

ナイルに入ってまず感じたのは、風通しの良い雰囲気です。経営陣と社員は距離が近く、何でも相談できる環境があると思います。いろいろな壁を乗り越え、成長したいという意欲がある、セルフスターター型の方が多いイメージです。また、それぞれの個性をうまく活かしながらも、共通の目標に向かい、切磋琢磨していると感じています。
今後、より組織が大きくなっていく上で、ナイルらしさを大切に、新しいメンバーと新しい挑戦を常に歓迎できる環境であれば良いなと思います。